試合の流れを支配した鳥谷と平野

結果としては大勝でした。

打線も初回からよくつながり、中田の制球不足(元々荒れ球ではあるが・・・)もあり、序盤での大量リード。

今年のタイガースはこういう試合で連敗しない、これがチームの地力の強さなのかもしれません。

昨日の敗戦を引っ張らないのは本当にチームの結束力だと思います。

しかし、今日の杉山は悪かった。

悪いなりに必死でこらえているのは大したこんだが(笑)

いや、彼はいつも立ち上がりは不安定だし、肝心なところでのコントロールには、ある意味定評があります(笑)

それを救って試合の波を抑える防波堤になっているのは、鳥谷と平野ではないだろうか。

何度もヒット性の当たりを拾う。

杉山は、もしこの二遊間じゃなかったら、もう3点くらい入って接戦になったとしてもおかしくなかったのだ。

鳥谷は位置取りからスローイングまで、かなり安定してきたんじゃないだろうか。

平野の果敢な守備もチームの士気を高める。

もちろん今年のタイガースは二遊間だけではない。

関本も早く強い打球によく反応し、守備範囲も広くなっている。

それに、目立たないが新井

彼はファーストゴロのほとんどを投手を制して自分で処理する。

投手のスタミナや確実性を考えてかもしれないが、これも立派なチームプレー、守備のテンポなのだ。

両チームの打者のメンツを見れば、どっちに大量点が入ってもおかしくないほど、ワンプレーでがらりと変わる。

それを最小限に抑える防波堤。

これがしっかりしている両チームだからこそ、今1,2位にどっかり座っているのかも知れない。

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (18) | トラックバック (33)

さすが、平野。

いやあ、今日は久々に安心して見られる展開!

さすが、平野。

あの3ランは正直予測してなかったわ。

まさかナゴヤドームで・・・!!

さすが、平野。

でも、甲子園でのヤクルト戦の逆転3ベースでパンチ力があるのはわかってたで!

その調子で強い打球を打ってくれ!

さすが、平野。

今までドラゴンズ戦にはノーヒットだった平野が、とうとう大爆発です!!

今年のナゴヤドームの初ヒットでもあります!

さすが、平野。

なんと、対左の方が打ってるんですよね。

頑張って「左のアライバ」じゃなくて「右の赤平」って言わせるように頑張りましょう!!

そのためにもヘッドスライディングには気をつけて、ケガだけはしないでくれ~!!

さすが、平野!

以前インタビューで赤星、「打線のキーを握っているのは2番・平野」と言っていた。

新井、金本の心に油を注ぐ役割、そして一番・赤星とのツープラトン。

タイガースというチームに、ぴったり当てはまるパーツがひとつ、増えましたね!

あとは・・・い○おかか?

そういえば、ばるでぃりすさん、ちょっとわくわくしますね(笑)

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (5) | トラックバック (20)

その他のカテゴリー

ひとりごと | スポーツ | プロ野球 | 埼玉西武ライオンズ | 広島東洋カープ | 日記・コラム・つぶやき | 東京ヤクルトスワローズ | 読売ジャイアンツ | 阪神タイガース・2005 | 阪神タイガース・2006 | 阪神タイガース・2007 | 阪神タイガース・2008 | 阪神タイガース・2009 | 阪神タイガース・2010 | 1 ・鳥谷 敬 | 12・渡辺 亮 | 14 ・津田 恒実 | 14・能見 篤史 | 16・安藤 優也 | 18・三浦 大輔 | 18・前田 健太 | 22・藤川 球児 | 24・桧山 進次郎 | 25・新井 貴浩 | 29・井川 慶 | 3・関本 賢太郎 | 30・久保田 智之 | 31・松本 哲也 | 31・林 威助 | 33・葛城 育郎 | 34・久保 康友 | 34・山本 昌広 | 39・矢野 輝弘 | 4・アンディー=シーツ | 41・上園 啓史 | 42・下柳 剛 | 43・西村 憲 | 45 ・水田 圭介 | 5・平野 恵一 | 5・濱中 治 | 50・高橋 光信 | 51・桜井 広大 | 52・アーロム=バルディリス | 53・赤星 憲広 | 54・ジェフ=ウィリアムス | 6 ・金本 知憲 | 67 ・クレイグ=ブラゼル | 69・クリス=リーソップ | 7 ・今岡 誠 | 7 ・藤川 俊介 | 72・真弓 明信 | 8 ・浅井 良 | 80・岡田 彰布 | 9 ・藤本 敦士