« 藤川 VS ウッズ | トップページ | 幸せなチーム、タイガース。 »

TとGの執念

久々の観戦!!

両チーム、煮え切らない立ち上がりで共に1得点で、

1-1のまま試合が進む。

スタートからグラグラして今にもひっくり返りそうな能見を、

ジャイアンツは捕まえきれない。

打者の気合は感じたが、それが力みになっているのか、

まあそれはタイガースの選手も同じだが・・・。

そして岡田監督、さすがの采配!

なんと3回の頭から江草にスパッと交代。

これにジャイアンツ打線は手こずる。

4回もヒットとエラーで捕まえかけるが、またも0点。

その裏、アニキ!

ああ、これが初回に出ていれば・・・。

バックスクリーンへの一撃でタイガースが主導権を握る。

そして、このあと6回。

球場全体がどよめく。

なんと、ジャイアンツは先発の久保に代わって・・・

高橋尚成!!

先発の柱をここでもってくるとは・・・。

血迷ったか、ハラ!という声が球場のあちこちから・・・

しかし、これが勝利へのなりふりかまわぬ執念。

その次の回、今シーズンわずか1失点、絶対の安心感を与えるジェフ・ウィリアムスが・・・失点。

2-2の同点。

そして、タイガースがこれまた赤星・アンディ・葛城の執念のヒットで逆転に成功!

4-2とした8回。

ここで、タイガースのタフネス右腕劇場王久保田!

ここまで83試合に登板、防御率も1.92なのに、なんだ、このドキドキ感は・・・。

あ、簡単に2死。

これはいけるぞ。

・・・。あれあれ、同点・・・。

これはジャイアンツの執念なのか、久保田のファンへのドキドキ感のプレゼントなのか、またまた試合は振り出しに・・・。

だがしかし!

今年のタイガースは、若い力とベテランの融合、お互いのポジションを奪い合う執念を持った戦う集団なのだ。

最強の控え捕手、野口が値千金のツーベース!

これをきっかけに、打率1割台なのに代打の切り札、桧山の威圧感に屈したのか、門倉がワイルドピッチで決勝点を献上。

あとは・・・リンドバーグの調べにのせて、最後の切り札が登場。

若干ヒヤヒヤしたものの、最後は、さすがに球児

ホリンズを三振に斬って、執念で追いすがるジャイアンツを下したのでした。

尚成まで使って勝ちに来たジャイアンツ。

普段どおりの野球で退けたタイガース。

執念は、やっぱりタイガースの方が上でした。

そりゃそうでしょ、ココは聖地・甲子園。

45000の執念も相手にするんだから。

|

« 藤川 VS ウッズ | トップページ | 幸せなチーム、タイガース。 »

スポーツ」カテゴリの記事

プロ野球」カテゴリの記事

阪神タイガース・2007」カテゴリの記事

53・赤星 憲広」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96547/8009222

この記事へのトラックバック一覧です: TとGの執念:

» 何度追いつかれようとも最後は勝つ! [〓さざまるの雑記〓]
5-4で読売に連勝です! 3回からマウンドに上がった江草が良く投げました。 普通 [続きを読む]

受信: 2007年9月19日 (水) 08時29分

» 阪神タイガースファン 奇跡【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】 [阪神タイガースファン 奇跡【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】 ]
阪神タイガースファンは楽しんでいる阪神タイガースファンはチームが勝つことで楽しんでいないどちらかといえば、応援を楽しむほうが優先していて勝てばもっとその方がいいというそれがファンの楽しみ方だという事をテレビを見ながらやっぱりというか...... [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 21時55分

« 藤川 VS ウッズ | トップページ | 幸せなチーム、タイガース。 »