« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »

我慢の限界?

いよいよ、今日の敗戦で同率最下位!!

怒ってるわけではありません(笑)

岡田監督、よく我慢しましたね。

はらわた煮えくり返ってるかもしれませんが、それはもちろんファンも同じです。

今現在で31試合消化。

開幕から30試合は、最初に決めたレールは動かすわけにはいきません。

監督としての我慢のしどころ、選手へのリスペクトです。

しかし、勝負の世界。

ここまでの与えられたチャンスを、モノに出来なかった選手や、結果が思うように出なかった選手は、場所がだんだんなくなります。

首位まで7ゲーム。

借金6。

まだまだ挽回は出来るのです。

ファンは、悔しいけど、タイガースも岡田さんも好きなのです。

信じるしか出来ないので、結果を、下さい。

甲子園での読売戦。

これ以上の敗戦は、岡田監督の進退をも決めかねません。

不調の選手が、今は投打ともにポイントになってます。

今日も、最初のチャンスで三振した5番を打つ選手がいましたが、あれでチームが乗っていけるかどうか、大事な場面でした。

3番から6番に下がった選手も、全打席まったく同じ攻められ方で、カンペキに引っかかっていました。一度、リセットが必要かも知れません。

本来は1番を打つべき選手も、2番という役割を必死にこなしていました。結果は出していましたが、1番に不釣合いの選手との連携がうまく取れず、ケガで戦線離脱してしまいました。

ただでさえ機動力も守備力もないチームなのに、1番打者の盗塁数は、ここまでわずか1個

先発してゲームを作るべき投手達が、後ろの3人に安心しきっているのか、そこまでバトンを渡せないスタミナのなさ。

強いチームの監督は何もしなくても勝てると思います。

さて、どうしましょう、監督!?

見てるだけの時間は、終わりですよ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »