« 2007年1月 | トップページ | 2007年5月 »

4番・金本の責任。

予想よりも黒田を苦しめました。

が!やっぱり3タテ食らいました・・・。

クリーンアップが12打数0安打では、勝てってのがムチャっすね・・・。

特に4番、タイガースの大黒柱、金本

完全にマークされてます。

この広島戦だけで、13打数1安打、3三振

これでは、さすがに今日の試合でもチームとしては8安打しましたが、勝てません。

彼自身も、自分の責任を痛感してると思います。

ミスタータイガースの掛布氏は、ある試合の解説で、

「試合に負ければ4番の責任。4番がひとりで責任を背負えばいい。

逆に、背負えるひとが座るべき。」

と言っていたのを、よーく覚えています。

彼は、必ず爆発を見せるだろう。

その大爆発で、眠れる3番・シーツ、5番今岡を誘爆させてくれえええ!!!

しかし、まだまだ望みはある。

マスクをかぶった狩野も、いい経験を積めたし、打つほうでは結果を残した。もHRで応え、渡辺亮中村泰も頑張っている。

そして何より、中日も横浜に3連敗

今年はぶっちぎって走るチームがない現状、早く立て直したチームが勝つのだ。

そして今年の交流戦は変則の2連戦方式。

去年までのデータがある種通用しない状況でもあるのだ。

ここで勝って行くのも、4番・金本の出来が大きく左右する。

ファンは信じてるぞ。

ファンの、ましてやこれだけの熱狂的なタイガースファンのあまりにも大きな期待をひとりで背負って、彼は今日もフル出場する。

さあ、ぶち込め、ライトスタンドへ!!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

13安打、先頭打者出塁6回、さて何点?

チーム全体で13安打の猛攻!!

イニングの先頭打者の出塁、なんと6回!!

さて、何点とったでしょう!?

答えは、最終回の1点だけ・・・。

まあ、しゃーないわな。

3,4、5番のクリーンアップで13打数2安打

打点ゼロの6三振

得点圏でも凡打を繰り返す。

さすがの『名将』岡田監督も、なす術なし。

どこが名将やねん!!

能見が初回に5失点。

GWの9連戦で、絶対負けたくない試合。

明日は黒田。

2回に2死満塁で能見に打順がきて、なんでそのまま打たすねん!!!

9連戦を見越して能見を引っ張るからかと思いきや、その割には、次の3回で能見はマウンド降りてるやないか。

なんや、この不可解な采配。

いくらなんでも、球場に来てるファンを舐めてないかい??

今年も、序盤からたま~に、ビックリ箱野球やってるし、それを期待してたんか?

そう何回も奇跡の大逆転はないで!!

そうゆうのには、必ず伏線があるねん。

だいたい、今日の佐々岡なんて、最初からアップアップやんか。ブラウン監督なら、5回で替えてくるに決まってるやん!

それまでに捕まえんで、どーして勝つねんな・・・。

素人に突っ込まれまくりの采配で、あえなく最下位広島に2連敗を喫するのでした。

このあと、現在2位と健闘してる横浜と当たって、またもや広島。

この9連戦の前、岡田さん、広島と横浜に対して、えらい余裕の発言してたよなあ。

めっちゃカッコ悪いで、これは・・・。

そろそろなんとかせな、ああ、あの時もうちょっと勝っとけば・・・ってなりまっせ~。

ひょっとしたら、今年のワーストゲームかもしれません。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

9連戦の頭なのになぁ。

厳しい9連戦になりそうだなぁ・・・。

今日は絶対とっとかなアカンのになぁ。

明日が佐々岡、その次が黒田

ここで2勝1敗にするには、かなりハードル高いぞ。

そういう意味でも、杉山の不調にはちょっとガッカリですねー。

ボールも高い、球威なし、単調な投球。

せっかく背番号「18」なのになあ。

しっかし、たいしたもんだ、岡田監督。

今日の杉山によう我慢したなあ。

目先の勝利のためなら、絶対5回途中で交代やったなあ。あの苦々しい顔は、そうとう我慢してたんやわ。それに応えることが出来ない杉山には、よくてあと一回しかチャンスはないでしょうね。

いくらKJFがいるといっても・・・まさか、それ以外では勝てないってゆうのは・・・ナシですよね・・・。

開幕して、いまだ完投投手ナシ

打線の不調はあるものの、いくらなんでもこりゃヒドイ。

岡田さん、踏ん張り所ですね・・・。この9連戦、6勝3敗予定ですが、(笑)せめて5勝4敗で・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

それでも走れ、赤星。

2007年のシーズンもいよいよ幕開け。

今年は序盤から苦しいゲームが続き、

一進一退のスタートになりました。

福原安藤の出遅れ、濱中の離脱、

関本、今岡、シーツの不振。

投手・打線のキーマンがこれだけ苦しんでの5割キープは、逆に言えば地力があるってことだ。

そんな中で、やっぱり今年もカギを握るのは、赤星!

2番という打順の中で、前後の打者とのつながり、バントなど犠打でのチームへの貢献。

「赤星はバントがヘタだ」

とか言うひともいる。

しかし、4月25日現在、犠打はリーグトップの8

3番のシーツが異様な早打ちなのに、

盗塁はリーグトップの5

一時の非力さも最近は目立たなくなってきたぞ。

赤星が出塁することは、そのままチームの得点力のアップを意味するのだ。鳥谷が少し苦しんでいるなら、1番に戻したっていい。

とにかく、赤星が元気なら、

タイガースはまだまだ安心なのだ。

さて、そんな赤星に、信じられないニュース。

盗塁数に応じて、進呈してきた車椅子、

【赤星号】が、ヤフーのオークションに出展されていたのだ。

赤星がどんな気持ちで今まで積み上げてきたか。

心無い行為ってのは、こういうことを言うんだなあ。

それでも、必要とする人がいる限り、

赤星は走り続けるだろう。

ホンマにがんばれ、赤星!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年5月 »