« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

29番の海外勤務。

とうとうオーナーがポスティングを認めました。

来年はどこの球団でプレーするかは別として、

行く限りは頑張ってもらいたい!

毎年、確実に計算出来る投手であり、たまにガクッと来るようなゲームをするときも

あったし、一番ファンの矢面に立って非難を受けやすい選手でもあった。

が、それはそれ、彼の元来持っている実力をファンは知っているからなのだ。

「井川はこんな選手じゃないのに、何やってんだ!」

まあ、こんな感じでしょう。タイガースファンはちょっとキツイけどね(笑))

そして、こんな彼でも、やっぱり出て行くとなると淋しいもんだー。

さんのように、一体どこにいるのやら・・・なんてことにならへんように、頑張って存在感出してや!!

一回でもタテジマに袖を通したひとには、ちょっとは黄色い血が流れてるんやで、井川くん。

さあ、そして。

空席になる29番のポジションに、一体誰が座るのか。

いきなり彼の穴を埋めるのは、至難の業なのだ。

2人くらいで、なんとかして欲しいなあ。

江草、能見、岩田、筒井、新人の小嶋。

右なら杉山、玉置、新外人のボーグルソン。

もし先発転向なら久保田。

この中で2人が井川の200イニングをカバー出来れば、来年もなんとかいい戦いが出来そうなのだ。

それにしても井川くん、キミの穴は大きいぞ。

埋めがいがあるなあ・・・。

本社も頑張るから、キミも海外支店で頑張れ(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (4)

あっぱれ、黒田!

広島のエース黒田、残留!!

ファンの熱い想いに応える決断、あっぱれだ。

タイガースジャイアンツライオンズホークスも狙っていた本格派右腕は、地元で歓喜の優勝を目指すのだ。

万が一タイガースに移籍したときのカープファンの落胆は、想像に難くない。

もし黒田に思われての入団なら、ファンとしてはうれしい。

しかし、それはやっぱり、違うのだ。

井川がたぶん、ポスティングでメジャーに行くだろう。

タイガースのフロントは黒田での補填を計算にいれていたはずだ。

しかし、やっぱり、それも違うのだ。

新庄が去ったあとに赤星が現れたように、必ず、井川の穴を埋める投手が出てくる。

そういう人材がいるではないか。

本当の王国を作るには、激しくレベルの高い争いが必要なのだ。

FAでの人的補償のダメージもない。

しっかり育てるために、町田や広澤といった有望なコーチを入れたのだ。

今年、予想しなかった今岡のケガを埋めたのは、そのチャンスに食らいついた関本なのだ。

必ず若い選手が出てくる。

金本や、矢野や、赤星をベンチへ引っ込めるような選手が、きっといる。

世代交代がうまくいった時、本当の黄金時代の到来だ!

世界一熱いファンが、それを育てるのだ!

| | コメント (3) | トラックバック (4)

それだけはご勘弁を・・・

多忙のため、久々のスタジアム入り・・・(笑)

いやあ、今シーズンもとりあえず終わりました。

日本シリーズでは、新庄色に染まった日本ハムが、

札幌に初めてペナントを持ち帰りました。

それにしても、つくづく短期決戦の怖さを思い知らされました。

あの試合巧者のドラゴンズでさえ、勢いに完全に飲み込まれてしまいました。

死闘を繰り広げたドラゴンズには、頑張ってほしかったなー。

あ~~、去年の悪夢が一瞬頭をよぎる(泣)

しかし、来年からはPSGでプレーオフ方式にかわる。

両リーグとも、日本シリーズ(仮名)への出場権をかけて戦うことになるのだ。

今までのパリーグのように、勝つチームには勢いが生まれる。

ただ・・・暫定リーグ1位がシリーズに出ずに、リーグ3位が優勝とかって、どうなのよ!?日本にあと2リーグくらいあるのなら、プレーオフも有効なのになぁ・・・。

まあ、これで来年にむけての戦い方にも、いろいろ影響が出てくるのは間違いないのだ。もちろん、補強にも。

もし井川クンがメジャーに行ったとしたら、プレーオフのために絶対的な投手が3人は必要になる。

福原、下柳・・・杉山?安藤?

黒田??

うーん、黒田・・・。

確かにいい投手だよなー。

でも、FAで選手を獲得すると、人的補償を選ばれれば、タイガースがプロテクトする28人以外を放出することになる。

28人・・・少なっ!!

普通に数えても、35人はプロテクトしたい・・・。

十年前のタイガースなら考えられないな(笑)

若い選手の育成を取るか、即戦力の黒田を獲るか。

俺としては、ぜひ10年は安泰の選手を育成してほしい。

そんな金の卵を持ってかれるなら・・・

FAでの黒田獲得も考えものだな。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »