« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

走れ、赤い彗星

とうとう、ひとつも負けられない一週間が来た。

もちろん、週末のドラゴンズ戦も大切だが、

目の前の試合、ひとつひとつが、

大きな意味を持っているのだ。

今シーズンここまで苦しんでいた男。

責任感の強い男。

気づかぬうちに、下を向く事が多くなってしまっていた。

しかし、舞台は待ってはくれない。

監督も、彼の責任感の強さ、必要性をよく分かっている。

逃げ場のない戦い。

自分の象徴とも言える、盗塁王のタイトル。

しかし、彼はそれよりも大切なものをわかっている。

どんな形でもいい、貢献したい。

彼の、そしてチームのひたむきな思いが、

きっと、俺達ファンにとっても、

忘れられない一週間にしてくれるはずだ。

もしタイトルを手放しても、俺の心の中では

赤星憲広は、世界一のスプリンターなのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (4)

身近な恐怖

 薄暗い、待合室。

男は、落ち着きなく目を泳がせながら辺りを見回し、

いらいらとした表情を見せる。

「どうして、こんな所へ来てしまったんだ。」

「どうして、こんな事になってしまったんだ。」

自分のとった行動にもイラつきながら、

大きなため息をついた。

しかし、もう時間がない。

やがて男は、全てをあきらめた顔をして、

右のほおに手を当てた。

待合室の奥に威圧感たっぷりのドアがあり、

そこから男を呼ぶ声がする。

ああ、とうとう来た・・・。

そして、こうつぶやくのだ。

「・・・・・いたい・・・・」

歯が、歯が、痛いんだよおおおおおおおお!!

何歳になっても、なんなんだ、この恐怖!

見知らぬ人の前で、無抵抗に横になり、

口を大きくあけて、無条件降伏・・・。

ああ、次の予約は25日か・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

負けたら終わり!?

高校野球じゃないけど、

それくらいの気迫を感じる、タイガース!

実際、8月27日最大9ゲーム差がついてから、

なんと11勝1敗1分!!!

これはもう、スゴイの一言に尽きるのだ。

井川も悪い方で目立ったけど、まだまだ挽回のチャンスはあるぞ!

エース復権だ!

さあ、そして、いよいよ・・・

名古屋決戦!!

今岡が合流だああああ!!

アンディの胃腸炎がちょっと心配やけど、

今のタイガースは、全員が勝利に飢えている。

勝って勝って、勝ちまくるしかないのだ!

タイガースナインよ、諦めかけたシーズンを面白くしてくれてありがとう(笑)

生き返った虎に怖いものはないぜ~~!

| | コメント (1) | トラックバック (2)

勝つしかないぞ

おめでとう、安藤!

よく頑張りました!・・・と言っても、5回だけどねー(笑)

しかし・・・金本の鬱憤が爆発しましたね。

狭い球場とはいえ、打った瞬間わかる2発!!

濱・鳥は相変わらず元気やし、

みんなの緊張感もいい方向で持続中・・・・。

5回表の藤本くん、そんなに粘ったらノーゲームに・・・。

ファンの余計な(?)心配をよそに、必死で食らいつく藤本。

その気持ちがあれば、まだまだ勝てそうだー。

さてさて、15日からはいよいよドラゴンズ戦。

今日もドラゴンズは勝ったみたいだが、

関係ない。

直接、叩くのだ!

さあ、今岡、久保田、出番は近いぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (9)

本物だぞ。

本物だぞ。

巨人戦、変に力がはいったか、いい当たりはするものの正面をついたり、いつのまにやら完封されて。

引きずらなければな~と思っていた今日の試合。

本物だぞ。

デーゲームでドラゴンズが「なんとか」勝って、余計にチカラが入る試合。

本物だぞ。

先制されても、しぶとく追いつく打線。

本物だぞ。

赤星の一塁からのベースランニング!

本物だぞ。

金本の一撃。

本物だぞ。

チーム一丸。

本物やで!!

ファンの後押し。

頼むで、タイガースナイン。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

プレゼント?

前日の福原の気迫のピッチング、よみがえった打線の爆発で、6ゲーム差に迫って、今日が2戦目・・・・。

雨天中止です。

球団サイドは、なんと約2億円の損害だそうだ。

しかし、一戦の負けも許されないような状況で戦う戦士に、思いがけない休息!

やりたい選手もいただろうなぁ(笑)

しかし、明日以降に備えて、少しでも休んでください。

そして、毎日ドキドキで観戦、応援する俺。

雨天中止で思いがけない精神的休息!

ファン心理としては、ドラゴンズは負けるし、選手は休めるし、

そして何より、5・5差!!

だんだん現実的な数字に近づいてきました・・・。

まだまだドラゴンズ優勢とはいえ、負けないタイガースの気迫に、少しずつでも脅威を感じてくれれば、流れは変わるかもしれない。

15日の直接対決のとき、はたしてどの位置にいるだろう!?

ホンマに、今日はゆっくりスポーツニュース見れるわ(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (5)

代わりのいない選手

赤星が、苦しんでいる。

入団以来5年、チームを引っ張ってきた男に、大きな壁が来ている。

選手会長としてチームをまとめ、責任を感じ、自問自答しながら苦しむ、真面目な男。

今日の横浜戦では、今シーズン初の併殺打を打ち、守備でも判断に迷いが生じたのか、センター前の微妙な当たりを後逸してしまう・・・。

周囲からは「一番を代えた方がいいかもしれない」などという声もチラホラ聞こえるほどの不振なのだ。

いいぞ、悩め、赤星!!

そして、新しい答えが出た時、誰にも手が届かないほどの核弾頭になっているはずなのだ。

前の赤星に戻す、という考えじゃなく、もう一段スゴイ赤星をアピールするのだ!

足も、まだまだ錆び付いてはいない。

どんどん走って、相手を恐怖のどん底に落としいれ、

「ああ、またあの足が帰って来た・・・」

と他球団のバッテリーを震え上がらせるのだ。

信じてるぞ、赤星!!

| | コメント (3) | トラックバック (9)

奇跡のチカラ!

たとえ0.1%になっても、ファンが見ている限り、

決して諦めない!!

誰一人として、諦めている選手はいない。

まさに、全員で勝ち取った勝利。

ドラゴンズも素晴らしいチームであることは間違いない。

どんなに勝とう、勝ちたいと思っても、勝てるものではない。

しかし、可能性がある。

ファンが、それを強烈に後押しする。

そして、選手が覚醒する。

奇跡が起こる。

カンペキがないからこそ、面白いのだ。

15日からのナゴヤドームまで、

何かを期待出来るような距離まで詰めて、

もう一度起こせ、奇跡の力!

| | コメント (3) | トラックバック (8)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »