« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

タイガース魂!

ありがとう、藤川球児

試合の流れを変え、最後を気迫で締める。

ヒーローインタビュー、感動したぞ。

試合の内容云々じゃなく、何が何でも勝たなアカン

そんな日もある。

世界一のファンの後押しがあるぞ。

思いっきりいけ。

タイガースはまだ、死んでないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よくある展開・・・

久々の聖地での伝統の一戦。

前日は今年お決まりの逆転負け

さあ、今日はどうなるのか・・・フタをあけてみると、去年のこの時期と同じ展開。

いやいや、これは毎年どの2位チームにもあるのかも知れない。

去年の中日は、9・7の敗戦のあと、ずるずると連敗を重ねた。

緊張感が切れたか?まあ、切れるわなー。

このゲーム差、このチーム状態。

監督はなすすべなく地蔵と化し平田ヘッドは後ろでオロオロ。

藤本は相変わらずポップフライを連発し・・・あ、これは元からか。

片岡がいつまでもベンチにいる。かといってファームでもベテランを追い落とすほどの勢いをアピールできる猛者がいない。

赤星金本今岡矢野といった顔ぶれが変わらないのは悪いことではない。

強いチームは、短くても5年はしっかりと固定されたメンバーで戦えるのだ。

しかし、2002年からの星野さんの改革から今年で5年。

新しいチーム作りが必要になるのだ。

20歳だった選手は25歳になり、

25歳だった選手は30歳になり、

30歳だった選手は35歳になる。

2003年から2強のセリーグ。

同じようなカラーのチームが来年もペナントを奪い合おうとするなら、改革は今から始めなければいけないのだ。

そして、それはファンにも希望を抱かせる形で。

岡田監督に課せられた課題は大きいのだ。

今日の展開でも最後まで応援を続けた大観衆に、彼は何を訴えかけるのか。

敗戦の中にも、キラリと希望を光らせるものを見せて欲しい。

まだ試合は残っている。

ファンは球場に来る。

入場料を払っているのだ。

ファンに訴えるものが少ない選手には、残された現役生活は、決して長くないだろう。

読売戦に聖地で大敗する意味は、根っからの虎魂のある岡田監督なら、分かるはずなのだ。

明日は、死んでも勝て!!

| | コメント (1) | トラックバック (2)

久々の名勝負!!

今日は、久々にテレビの前から動けなかった・・・・。

本当に素晴らしい力と力の名勝負。

夏3連覇という大偉業がかかった駒大苫小牧の大エース、田中将大

王監督の応援を受けて、古豪・早稲田実業もエース・斎藤祐樹が立ちはだかる。

仕事の忙しさにかまけて、一ヶ月近くブログの更新をサボった俺でさえ、これはさすがに興奮してしまったのだ(苦笑)

この一ヶ月の間に、我がタイガースはズルズルと奈落の底へ落ち、とうとうマジックとやらも出てしまい、夏が終わるのも早いというのにすっかり秋風モード・・・。

とゆうわけで、今日の甲子園、両方優勝には出来ないものだろうか!?と少し甘い感傷にひたってしまったのであった。

とにかく、明日に再試合とゆうことで、球界の将来を担う早稲田・斎藤、駒苫・田中の肩を心配してしまうのは、俺だけではないはずだ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »