« 典型的な試合 | トップページ | シーツ VS 小笠原 »

6月4日、金本と杉内が。

セ・リーグを代表する4番、金本。

パ・リーグを代表する左腕、杉内。

5月14日の試合は、なにやらきな臭い雰囲気で試合が進み、結局ホークスの意地が勝って、2勝1敗と勝ち越した。

両チームの4番が厳しい内角攻めにあい、お互いのチームがヒートアップした。この3連戦の続きは、6月2~4日の『甲子園』で、再び火花を散らすのだ。

しかし杉内、金本に対する内角攻め、ブーイングを浴びても、球審に問われても、最後まで攻めを変えなかった。

気に入ったぞ!

球界の至宝・金本に対するあの攻め、彼の生命線であるコントロール、これによっぽどの自信がなければ出来ないのだ。そう、杉内にしか出来ないのだ。そして、金本を抑えなければ、勝利はない。強い意志があの攻めを生んだのだろう。

タイガースも、報復と取られても仕方がない攻めで、松中を三振に斬った。

しかし、ふたりの4番は、これまでもこの厳しい攻めを克服してこの地位を築いているのだ。

杉内は、2005年の公式戦、18勝4敗、防御率2.11と活躍し、なんと死球はゼロだった。

このままいけば、6月4日の日曜日、甲子園に登板するのは、まず間違いない。甲子園のあの雰囲気の中、この遺恨(!?)らしきものを引きづったまま、このふたりは再び対決するのだ。

杉内の必殺のコントロールが再びアニキを沈黙させるのか、

豪打一閃、そのころに完全体となるであろうアニキの一撃がライトスタンドに突き刺さるのか。

ふたりの『真のプロフェッショナルな対決』が、今から楽しみなのだ!

|

« 典型的な試合 | トップページ | シーツ VS 小笠原 »

スポーツ」カテゴリの記事

プロ野球」カテゴリの記事

阪神タイガース・2008」カテゴリの記事

6 ・金本 知憲」カテゴリの記事

コメント

コメントおおきにです。
余程の事が無い限り次回に甲子園決戦でも斉藤、寺原、杉内をぶつけてくるでしょうね。
こちらも井川、安藤、江草で迎え撃つ。
杉内に連敗ではかっこ付かないですからね~
右のシーツ、今岡、浜中、関本にも期待ですね!

投稿: 虎虎虎 | 2006年5月15日 (月) 23時07分

RED☆さん
TB&コメントありがとうございます!
ほんと頭にきました~ホークス!
甲子園でやっつけちゃいましょう!

今日から6連戦ですよ~
1戦・1戦大事ですよ!
勝たないと意味ないっすよ~!
いつの間にか首位になってますよ~。

投稿: ぽんた | 2006年5月16日 (火) 05時53分

RED☆さん、コメントありがとうございます。
金本アニキが斎藤和・杉内・和田・新垣からホームランする姿が目に浮かびますね。
しかし鷹は虎を意識しまくりですな。日本シリーズではロッテにリベンジしないといけないので、鷹には交流戦の間に借りを返しておきましょう!

投稿: じゃん | 2006年5月16日 (火) 10時52分

RED☆さん、TB&コメントありがとうございます。

甲子園での鷹狩り、楽しみですね。
その頃にはアニキの怪我もずっとよくなっているだろうから
きっと杉内がマウンドで灰と化していることでしょう!!!

その前に倉敷で新庄の引退試合∞に
虎の勝利で華を添えてあげましょう!!!

投稿: komao | 2006年5月16日 (火) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96547/1810615

この記事へのトラックバック一覧です: 6月4日、金本と杉内が。:

» 江草踏ん張れず負け越し [虎虎虎]
SB7−3阪神 阪 神 000011100=3 S B 00051001×=7 対SB3回戦(阪神1勝2敗) 【投手】 阪神=●江草(3勝2敗)−金澤−能見−相木 S B=○杉内(6勝1敗)−吉武−馬原 【本塁打】 阪神=浅井(2号ソロ) SB=松田(3号2ラン)、ズレータ(10号ソロ) 2回裏、阪神先発江草は、今岡のまずい守備もあり、先頭打者松中に内野 安打、浅井のパスボールで無死二塁。 ズレータを三振、柴原に四球、本間に安打で一死満塁の大ピンチ。 ここで松田がレフトへ飛... [続きを読む]

受信: 2006年5月15日 (月) 23時02分

» 赤星って2番向きなの!? [雑記]
今日は、3-7でソフトバンクにやられてしまいました。 なぜか、打順を大きく入れ替 [続きを読む]

受信: 2006年5月15日 (月) 23時59分

« 典型的な試合 | トップページ | シーツ VS 小笠原 »