« 本当の意味 | トップページ | 魔物!? »

48,512分の1

5月2日、まだちょっと肌寒い阪神甲子園球場。

今まで何度となく観戦してきた。

ここ数年は、敗戦ゲームを見ないで帰るという幸運もあったが、

実際、得点差のあいた大勝ゲームがほとんどで、

試合を通してスリリングな展開にはちょっと縁がなかった。

                                         

今日も試合展開は序盤からタイガースに傾く。

先制した時には、「今日ももらったか?」

と球場の空気に安心していた。

ところが・・・・。

先制してすぐ次の回に急にバタつくわ、

ファーボールは多いわ、先頭打者のゴロをエラーするわ、

押し出しはあるわ・・・。

完全に『野球の負けパターンの王道』を突き進む・・・。

周りの観客の声も、

「こりゃアカンわ」とか、「しっかし寒いなあ」とか、

「電車すいてるうちに帰ろか」とか・・・

おお、これが久しく忘れていた敗北感・・・

悔しさがふつふつと・・・

                                           

しかし!

4月の月間MVP、パウエルが突然パニックになる。

球場全体を得体の知れないものが包み込む。

黒いユニフォームの選手が、立ち尽くす。

気がつくと試合は振り出しに戻る。

同点の場面で『勝利の方程式』が出題される。

その答えは・・・何度となく見上げた、バックスクリーンへの強風を

示すチャンピオンフラッグの方向が指していたのだ。

関本の一撃はフワリとあがって、そのまま・・・・。

こんな展開でも、勝つのか!?

負けたりするのか!?

野球は怖い。甲子園は怖い。

                                         

そんな得体の知れない『何か』を見るために、

今日も48,512人が、明日も数万人が、足を運ぶ・・・・。

|

« 本当の意味 | トップページ | 魔物!? »

スポーツ」カテゴリの記事

阪神タイガース・2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96547/1678331

この記事へのトラックバック一覧です: 48,512分の1:

« 本当の意味 | トップページ | 魔物!? »