« 大黒柱 | トップページ | 再点火 »

背番号 7

「闘志を秘めた男」

「ゼブラ」

 彼には、常にいろんな誤解や噂がつきまとう。

時に煮え切らない態度に見えることもある。

熱さがファンに伝わらないように見えることもある。

 しかし、彼はそんな外野の評価を、

一番大切な場面で常にひっくり返してきた。

誰にもマネの出来ない脅威の集中力と、

本当は一番熱いであろう「誠の闘志」で。

 同じくクールで、人一倍熱く燃えてきた

「真弓 明信」から、背番号を継承して、

彼はタイガースの王道を突き進む。

 誰もが、

「彼なら、やってくれるかも知れない」

と、夢を抱かせてくれる男。

 彼を信じていれば、間違いはないのだ。

|

« 大黒柱 | トップページ | 再点火 »

スポーツ」カテゴリの記事

プロ野球」カテゴリの記事

阪神タイガース・2005」カテゴリの記事

7 ・今岡 誠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96547/1678252

この記事へのトラックバック一覧です: 背番号 7:

» よくぞ残っていてくれた、誠の救世主! [さざまるの雑記]
延長11回裏、今岡の代打サヨナラタイムリーで、5x-4で西武にサヨナラ勝ちです。 [続きを読む]

受信: 2006年6月12日 (月) 09時57分

« 大黒柱 | トップページ | 再点火 »