« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

生涯阪神・ジェフ=ウィリアムス

ジェフ手記

 こんな悔しい思いをしたのは生まれて初めてだよ。

たった10球でシリーズが終わるなんて。

せっかくリーグ優勝したのにこんな形で05年が終わるなんて…。

 薄っぺらいパンにピーナッツバター。体が資本なのにマイナー(サンベルナンディーノ=ドジャース傘下)時代はまともなメシすら食えなかった。当時の月給は850ドル(約10万円)。グラブとスパイクを買っただけであっという間に一文無しさ。

でも夢があったから耐え続けた。

 一線級で活躍できる選手になりたい、ワールドチャンピオンになりたい。 メジャーとマイナーを行ったり来たり。

そんな僕にチャンスをくれたのが、阪神タイガースなんだ。

当時日本のことで知っていたのは「フジヤマ」で、テレビで見た「ジャンボ尾崎」ぐらい。でも活躍の場に飢えてたボクは、迷わずそれに飛びついたんだ。
 
今まで学んだ野球理論、戦術、科学的トレーニング…。

でも日本の野球が勝ちたいと願う「キモチ」が大事だと教えてくれた。

 今回100%の力を出し切れたとは思っていない。悔しいけどロッテには気持ちで負けた。

 ワールドチャンピオンなんてもういらない。今のボクにはそれよりもっと大きな夢があるんだ。それは…ニッポンイチ!

 今ここで、ファンのみんなに宣言したい。

これから先、ボクは何があっても阪神タイガースを離れない。

残された野球人生全てをこのチームに捧げたい。

キュウジ、クボタをはじめとするチームの仲間たちと、これからも戦いたい。シリーズを戦い終えた今、心からそう思っているんだ。

 最後にファンのみんな、この1年間最後まで応援してくれて本当にありがとう。

そして来年もボクたちと一緒に追いかけてほしい。

今年果たせなかった最後の夢。

ニッポンイチという名の、世界一大きな夢を。

(阪神タイガース投手)

・・・日本一は逃したけど、大切なものを手に入れたような気がした・・・

感動したで!来年も頼んだ!ジェフ!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今年はこのくらいにしといたろ!

吉本ちゃうで?

しかし・・・

うーん、完敗やった!

今年のロッテは、強かった!

普段通りの野球をシリーズでもカンペキにされてしもうた・・・

タイガースは、持てる力を発揮することなく、

気がつくと第4戦の最終回・・・・

しかし、一年間戦って得た舞台、誇りを持って

来年に挑んでほしい!

来年も、その先も、ずっと応援するでえ!!

日本一、いや世界一への楽しみもまだまだある!

このまま終わったらアカンで、タイガース!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再点火

濃霧の中、

 ベンチの中で待機する選手達。

 いろんな思いがあるだろう。

 1ヶ月もの間、待ち続けた舞台は、

 球場をすっぽり覆った霧のように、

 はっきりと見えない手応えに、呆然としたかもしれない。

 しかし、これでよかったかもしれない。

 これ以上ない、燃える材料となったのではないだろうか。

 セントラルの覇者として、一月の間眠っていた闘志に、

 大きな炎を灯してくれたのだ。

 ここからが、本当のスタートなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

背番号 7

「闘志を秘めた男」

「ゼブラ」

 彼には、常にいろんな誤解や噂がつきまとう。

時に煮え切らない態度に見えることもある。

熱さがファンに伝わらないように見えることもある。

 しかし、彼はそんな外野の評価を、

一番大切な場面で常にひっくり返してきた。

誰にもマネの出来ない脅威の集中力と、

本当は一番熱いであろう「誠の闘志」で。

 同じくクールで、人一倍熱く燃えてきた

「真弓 明信」から、背番号を継承して、

彼はタイガースの王道を突き進む。

 誰もが、

「彼なら、やってくれるかも知れない」

と、夢を抱かせてくれる男。

 彼を信じていれば、間違いはないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »