« 2005年6月 | トップページ | 2005年9月 »

29番の気迫

気迫は、見るものに伝わるものだ。

 つらいかもしれない。

 常にベストのパフォーマンスを見せるのも、

 難しいかもしれない。

 しかし、もう、そういう位置にいることを、

 自覚しなくてはいけない。

 今日、何人のファンが、彼を、

 「健闘した」

 と称えるだろうか。

 無心に投げ続けた時の彼の、

 復活を祈りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年9月 »